PING G410 ドライバー

PING G410 ドライバー


PINGから2019年に新しく登場したG410シリーズ。
発売前から日本では、比嘉真美子選手や鈴木愛選手がG410PLUSでツアー優勝。アメリカではドライビングディスタンスTOP3がG410PLUSを使用している選手が独占するという圧倒的な強さを見せつけました。
G410ドライバーは3タイプがラインナップ。このページでは、それぞれのG410ドライバーを詳細にご紹介します。
⇒G410PLUSドライバー
⇒G410LSTドライバー
⇒G410SFTドライバー

 

PING G410PLUS ドライバー


<飛ぶ!曲がらない!コースで最高の味方になる>
比嘉真美子選手、鈴木愛選手、渋野日向子選手とPING G410 PLUS で続々とツアー優勝。本当に強い強いドライバーです。
長い重心距離、深い重心深度、大きな慣性モーメントで飛んで曲がらないドライバーが、更に進化しています。一発の飛びも非常に満足できるものですし、曲がりません。我々一般アマチュアは、コースに出るといつものスイングが出来なかったり、スタンスの向きがおかしくなったりして、練習場のようには打つことが出来ません。そんなコース上で、とにかく信頼できる飛ぶドライバーです。

 

ヘッドが重たくて重心距離が長いと遠心力が働きやすく飛距離が出やすい傾向にあります。ただ、インパクトでヘッドが遅れ気味になりやすいというデメリットもあります。そこを非常に深い重心距離を取っていることでヘッドが返ってきやすくしています。ここまで深い重心深度のドライバーは他にありません。更に慣性モーメントが、これまた本当に大きくなっていますので、ミスヒットに極めて強いヘッドとなっているのです。

 

日本だけでなく世界でも大活躍。アメリカツアーでドライビングディスタンストップ3(1位:バッバワトソン、2位:キャメロンチャンプ、3位:ルイ・ウーストハウゼン 3月1週目終了時点)がこのPINGのG410PLUSを使っていることでも、飛距離性能の高さが伺えます。

 

多様な弾道調整機能

G410シリーズからより多様な弾道調整機能が付いています。まずは、ヘッドのお尻の辺りにある可変式ウエイト。スタンダード・ドロー・フェードのポジションから選ぶことが出来ます。

そもそものヘッドのポテンシャルが非常に良いので、この可変ウエイトが邪魔をしないかと心配してましたが、ヘッドのバランスを崩さずに素晴らしい働きをしてくれています。ウエイトを移動することで、球の安定感はそのままに、明らかに球筋が変わってくれます。

 

またヘッドとシャフトの付け根のスリーブが今作から変わり8つのポジションを設定できます。ロフト角を調整し弾道の高さやつかまり具合を調整できますし、ライ角も調整できつかまり具合を調整できます。これらの弾道調整機能をフル活用すれば、かなり細かくご自身のスイングに合ったドライバーに調整することが出来ます。

 

ヘッド重心データ

ヘッドの重さ:200.5g(やや重い)
重心距離:45.2mm(非常に長い)
重心深度:45.4mm(非常に深い)
フェースの高さ:54.6mm(ややシャロー)
スイートスポットの高さ:38.6mm(高い)
低重心率:70.7%(高重心)
ヘッド左右MI:5416gcm2(非常に大きい)
ネック軸回りMI:9527gcm2(非常に大きい)
重心距離が非常に長く飛距離性能が高くなっています。重心距離が長いだけだと球がつかまりにくくなるのですが、重心深度を非常に深くすることでつかまりを良くしています。また、慣性モーメントが非常に大きくミスヒットにも強くなっています。

 

使用者の口コミ・レビュー

実際に使用している方々の口コミはどうなっているのでしょうか?プロは非常にいい成績を残しているけど、アマチュアはダメだということではいけません。シャフト別に口コミ・レビューをご紹介します。
・ALTA J CB RED
G410PLUS(ALTA J CB RED)使用者の口コミ・レビューはこちら
・PING TOUR 173-65/75
G410PLUS(PING TOUR 173-65/75)使用者の口コミ・レビューはこちら
・The ATTAS 5/6/7
G410PLUS(The ATTAS 5/6/7)使用者の口コミ・レビューはこちら
・TENSEI CK PRO ORANGE 50/60/70
G410PLUS(TENSEI CK PRO ORANGE 50/60/70)使用者の口コミ・レビューはこちら

 

使用プロ

・バッバワトソン
・キャメロンチャンプ
・ルイウーストハウゼン
・トニーフィナウ
・比嘉真美子
・渋野日向子
・鈴木愛(G410PLUSからG410LSTにチェンジ)

 

PING G410LST ドライバー



G410LSTドライバーの詳細はこちら
7月4日発売。
前のG400LSTが非常に素晴らしいドライバーで、なかなかそれを超えるドライバーが完成しなかったために、PLUSやSFTよりも発売日が遅れたそうです。
そういった事情もあり、今回のG410LSTには、非常に大きな期待が寄せられていました。

 

先に発売されたG410PLUSドライバーも非常に評価が高いドライバーですが、
そのG410PLUSを、より低スピンにして飛距離性能を上げたのがG410LSTです。

 

G410LSTドライバー おすすめプレーヤーは?

おすすめは、ヘッドスピードが速く、今お使いのドライバーではスピン量が多く球が吹き上がり飛距離をロスしている方、また叩くと左へのミスが出やすい方におすすめです。
正直、ヘッドスピードが速くない方や元々球が低かったりスピン量が少ない方は、G410LSTの性能を引き出すことが出来ないのでお勧めしません。

 

G410LSTドライバー 詳細データ

クラブの長さ:45.25インチ
クラブの重さ:306.2g(標準)
スイングウエイト:D2
ヘッドの重さ:203.2g(重い)
ヘッド体積:450CC
ライ角:59度(ややアップライト)
フェース角:オープン
重心距離:44.1mm(非常に長い)
重心深度:43.3mm(非常に深い)
フェースの高さ:55.4mm(標準)
スイートスポットの高さ:35.7mm(標準)
低重心率:64.4%(標準)
ヘッド左右MI:5161gcm2(非常に大きい)
ヘッド上下MI:3397gcm2(非常に大きい)
ネック軸回りMI:9264gcm2(非常に大きい)

 

使用プロ

鈴木愛

関連ページ

G400ドライバー
PINGのG400ドライバーの評価、口コミ・レビューなどをご紹介します。
G400LSTドライバー
PINGのG400LSTドライバーの評価、試打、口コミ・レビューなどをご紹介します。
G400SFTドライバー
PINGのG400SFTドライバーの評価や試打、口コミ・レビューなどをご紹介します。

スポンサードリンク