タイトリストTS1ドライバー 試打評価

タイトリストTS1ドライバー


2019年7月5日発売の最新モデル。
ツアー選手が使用する「TS」の名前が付されているにも関わらず、ヘッドスピード30m/s台の方もぶっ飛ばすことが出来るドライバーです。

 

〇TS1ドライバーが飛ぶ理由
軽量級でヘッドスピードが上がる
高い打ち出し角と適正スピンでビッグキャリー
アップライトでつかまりが抜群
標準シャフト
〇TS1ドライバー 詳細データ
〇TS1ドライバー 弾道調整機能
〇TS1ドライバー 口コミ・レビュー

 

TS1ドライバーが飛ぶ理由


超軽量級でヘッドスピードが上がる

タイトリストTS1ドライバーは、TSの名前が付いているにもかかわらず非常に軽量です。
標準シャフトのディアマナ50のフレックスSでも、総重量が275gと非常に軽い。
軽いと当然のことながら、スイングスピードが速くなります。
しかし、重量が軽いだけだと、ヘッドスピードは速くなっても当たり負けしてボール初速が出なかったり、出玉がバラついてしまい結果使い物にならないドライバーになってしまいます。
ですが、TS1を実際に打ってみると、そこまで軽いという印象は全くありません。すごくしっかりしたドライバーで、感覚的には300g弱くらいのドライバーを打っているくらいのしっかり感です。
高い打ち出し角と適正スピンでビッグキャリー

TS1ドライバーは、重心が非常に深くなっており打ち出し角が高い事が特徴的です。また重心がそれほど低くなく、適度なスピンがかかってくれます。
今のボールはロングショットでのスピン量が非常に少なくなってドロップしやすいのですが、TS1との組み合わせで高い打ち出しからの適正スピンでビッグキャリーを出すことが出来ます。
アップライトでつかまりが抜群

TS1のライ角は、アップライトになっており、自然と球がつかまりやすい設計になっています。
つかまらないドライバーでは、いくら良いドライバーでも飛距離をロスしてしまいますので、球がつかまるか否かは生命線です。
アップライトかつ重心距離が標準的なのでインパクトでフェースがきっちりターゲットに向いてくれますので、飛距離をロスしません。
構えた感じも、TS2やTS3とは全く違い、非常に座りが良く、ややフックフェースでターゲットに構えやすいです。
TS1ドライバー 標準シャフト

標準シャフトは2種類ラインナップ
・ディアマナ50

タイトリストドライバーの標準シャフトとして用意されているディアナマとしては、非常に軽いシャフトです。
軽いのですが、全く頼りないことはなく、ヘッドスピード46m/sくらいの方でも十分使えます。
・AiR Speeder

まさかTSシリーズの標準シャフトに、AiR Speederがラインナップされていることに驚きです。
ヘッドスピード38m/sくらいの方でも、TS1のヘッドとの組み合わせで、高い打ち出し角とドロップしない適正スピンで、230ヤードくらい目指すことが出来ます。

 

TS1ドライバー 詳細データ


タイトリストTS1ドライバーの詳細データをご紹介します。

 

ロフト角10.5度×ディアマナ50

 

クラブの長さ:45.625インチ
クラブ重量:275.5g(非常に軽い)
←スイングスピードが上がる
スイングウエイト:D2.5
ヘッド重量:194.1g(やや軽い)
ヘッド体積:460CC
リアルロフト:11.1度(大きい)
←球が上がりやすい
ライ角:60度(超アップライト)
←非常につかまりが良い
フェース角:フックフェース
重心距離:37.8mm(標準)
←インパクトでヘッドが返って来やすい
重心深度:41.1mm(深い)
←球が上がりやすく、ミスヒットに強い
フェースの高さ:52.5mm(低い)
←球が上がりやすい
スイートスポットの高さ:34.3mm
ヘッド左右MI:4898gcm2(大きい)
←ミスヒットに強い
ネック軸回りMI:7480gcm2(大きい)
←ミスヒットに強い

 

TS1ドライバー 弾道調整機能


TS1のホーゼル(シャフトとヘッドのつなぎ目)は、他のTSシリーズ同様にSURE FITRホーゼルとなっています。
16通りのロフト角とライ角の組み合わせを設定することができます。

ライ角とインパクトロフト角を別々に変えることが出来ます。つかまり具合と弾道の高さを別々に変えることが出来るので、ご自身にベストマッチの組み合わせを発見して下さい。
調整することでリアルに球筋が変わりますので、それだけで楽しいです。

 

TS1ドライバー 口コミ・レビュー


実際に使用した一般ユーザーからの口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに多数寄せられています。
購入を検討されている方は、是非参考にしてみて下さい。
TS1ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

関連ページ

タイトリストTSドライバー その飛びは?評価や試打報告
タイトリストTSドライバーの評価や試打、レビューなどをご紹介します。
タイトリストVG3ドライバー 2018
タイトリストVG3ドライバー2018年モデルをご紹介します。試打評価や口コミ・レビューなど詳細にお伝えします。

スポンサードリンク