Mグローレ

Mグローレ ドライバー

テーラーメイドから新しいグローレが発表されました。
TWIST FACEにハンマーヘッドが搭載されるというめちゃくちゃ欲しいドライバーです。

実際に試打してみた感想・評価

9.5度の純正Sシャフトで試打をしてみました。

構えた感じは?

非常にアップライト。これまでのグローレF2と比較してもかなりアップライトな感じです。
フェースの向きはストレートに近いので、ターゲットに対しての構えやすさは良いかと思います。

打ってみると?最適なヘッドスピードは?

私が持っているグローレF2は、スピーダーエボリューションVのS。シャフトが違うので正しい比較はできませんが、Mグローレの方が圧倒的につかまる印象です。一発目普通にヘッドスピード45m/sくらいで打ってみたら、めちゃくちゃつかまって左へフックボール。飛距離は結構出ている印象です。260ヤードという測定値。スピン量は結構多くなっちゃいます。
ヘッドスピードを40m/sくらいに落としてみたら220ヤードでちょうど良いつかまり具合のストレートボールが打ちやすくなります。

 

Mグローレのヘッド詳細データ

ヘッド重量:196.2g(標準)
重心距離:43.5mm(非常に長い)
重心深度:41.0mm(深い)
低重心率:66.0%(高重心)
ネック軸回り慣性モーメント:8273gcm2(非常に大きい)

 

実際に購入して使用している方々の評価

すでに購入して使用している方々から集まった口コミ・レビューのご紹介です。
基本的には飛距離性能やつかまりに満足する声が多いですが、やはり捕まり過ぎるという声も出ています。純正シャフトは柔らかいので、普段お使いのフレックスよりも一つ硬めにするか、カスタムシャフトを選択する方がいいのかもしれません。
⇒Mグローレ 使用者の口コミ・レビューはこちら

 

・・・・・・ここからは発売前に書いた記事です・・・・・・

Mグローレ 発売日

発売日は、10月26日

テーラーメイド M GLOIRE ドライバー Speeder EVOLUTION TM シャフト

 

グローレの魅力

私自身、現在グローレF2ドライバーをエースとして使っています。シャフトは、スピーダー569エボリューションV。
ヘッドスピードが45m/sくらいの私は、レギュラーツアーのプロが使用しているドライバーではハードで、球が上がりにくく飛距離が出てくれません。
グローレシリーズは、シニアプロや女子プロから圧倒的な人気を誇っていますが、我々アマチュアにとっても本当に使いやすいドライバーです。球が上がりやすいですし、スピン量も多すぎず少なすぎず最適。ドライバーで無理をしなくていいので、スコアメイクにもつながります。
こういった優れた機能の源は、何といっても重心位置が最高ということ。プロモデルのハードモデルとは違い、球が上がりやすく、つかまりやすい秀逸な位置になっているのです。

 

そこへきて、今回のMグローレは、TWIST FACEを採用。ますます曲がりにくいドライバーとなったわけです。すでにM3やM4でTWIST FACEは使いましたので、その球の曲がりにくさは知っていますが本当に凄いです。

 

Mグローレを打てる日が本当に待ち遠しいです。

 

Mグローレ TWIST FACE

Mグローレに搭載されているTWIST FACEは、フォージドツイストフェースです。これは、鍛造製法によって作られたもので、打感や打音が違います。グローレは日本人向けに開発されたモデルで、日本人がこだわる打感や打音を追及されています。

 

Mグローレはカーボンクラウン

これまでのグローレはフルチタンでしたが、Mグローレはカーボンクラウンを採用しました。それでも、打感・打音はしっかりと考えられており、気持ちよく飛んでいる感があります。
カラーはこんな感じ。好き嫌いはあるかと思いますが、実際に使ってみれば全く違和感はないです。

 

関連ページ

M5・M6ドライバー
テーラーメイドM5ドライバーとM6ドライバーの試打評価
M4ドライバー
テーラーメイドM4ドライバーの評価、口コミ・レビューなどをご紹介します。
M3ドライバー
テーラーメイドM3ドライバーの評価、口コミ・レビューなどをご紹介します。

スポンサードリンク