飛ぶドライバー 2019

飛ぶドライバー2019

2019年モデルのドライバーが続々と発売されています。2018年は非常に良いドライバーが豊作の年だと言われていましたが、2019年はそれを超える豊作の年だと言われています。
このページでは、2019年モデルの飛ぶドライバーをご紹介します。

 

飛ぶドライバーランキング2019

このランキングでは、一般的な日本人ゴルファーが、コースで最も飛距離を出すことが出来るモデルを上位にランクインさせています。
・球が上がる
・適正なスピンがかかる
・ストレート性能が高い(球が曲がりにくい)
この辺りを重視してランキングを決定しました。

PING G410PLUS

圧倒的な直進性
ミスヒットへの強さ
空気抵抗の少ないヘッドで初速アップ

評価が高かったG400ドライバーが更に進化してG410PLUSドライバーとして登場。発売前からアメリカツアーではドライビングディスタンスTOP3(3月1週目終了時)を独占(一位:バッバワトソン、二位:キャメロンチャンプ、三位:ルイウーストハウゼン)。日本では、女子ツアーの開幕戦ダイキンオーキッドレディスで比嘉真美子選手がG410PLUSで優勝。第二戦目のヨコハマタイヤPRGRレディスでは鈴木愛選手もG410PLUSで優勝しました。
ヘッドの特徴は、他メーカも含めて2019年モデルで最も長い重心距離と最も深い重心深度、大きな慣性モーメント。これによって直進性が高く、曲がらない、ビッグキャリーが実現可能です。
トップアマやクラブ契約フリーのプロ、プロを目指す研修生など、PING G410を使用する選手は非常に多いです。
G410PLUSの詳細はこちら

タイトリストTS1

軽量でヘッドスピードが上がり飛距離が出る
ストレート性能が高い
球が上がりやすい
適正なスピン量

発売前から試打をしたプロや評論家から絶賛されていたTS1。
タイトリストのドライバーとは思えない軽量モデル。今後、こういったモデルがスタンダードになってくるのかもしれません。
とにかくやさしく飛びます。
シャフトは標準でディアマナ50とAiR Speederが用意されており、ヘッドスピード40m/s未満の方でも、十分に使えて飛ばすことが出来るモデルに仕上がっています。
タイトリストTS1 の詳細はこちら

 

キャロウェイEPIC FLASH STAR

 

 

2019年モデルドライバー

タイトリストTSドライバー

タイトリストの2019年モデルであるTSドライバーが発売されます。発売日は、2018年9月28日です。

 

前作が917、その前が915、913、910とずっとシリーズが続いていましたので、今回は919かなと誰もが想像していました。しかし、今回のドライバーはこれまでのシリーズとは全く別物だというメッセージも込めて、名前を変えてきました。
TSとはTitleist Speed の略だということです。その名前の通り、今回のTSドライバーはめちゃくちゃ飛びます。
私自身917D2を使っていた時もありますが、正直タイトリストのドライバーには「飛ぶ」というイメージはありませんでした。それが今回のドライバーは本当によく飛びます。すでに試打をしているゴルフ関係者たちも一様にタイトリストの新しいドライバーに衝撃を受けています。
タイトリストTSドライバーの詳細はこちらでご紹介

 

テーラーメイドMグローレドライバー

日本人向けに作られ、上級者からアベレージゴルファーまで全てのアマチュアゴルファー、女子プロ、シニアプロから圧倒的な人気を集めるグローレシリーズに、最新モデルMグローレが登場しました。

 

今回は、あのTWIST FACEが搭載されています。M3やM4に搭載されて、プロやアマから絶賛されているフェースです。私もM3とM4を打ってみて、その曲がらなさを経験しています。グローレF2ドライバーを使っている私は絶対買いの一本です。
テーラーメイドMグローレはこちらでご紹介

スポンサードリンク