ドライバーの重心距離

ドライバーの重心距離

ドライバーの重心距離というものをご説明したいと思います。

 

そもそも重心距離って何?ということですが、下の絵をご覧ください↓↓

この距離が長くなるほど、ネック軸回り慣性モーメントが大きくなります。ネック軸回り慣性モーメントが大きくなるほどフェースは回転しにくくなりますのでつかまりにくいクラブとなります。逆に、重心距離が短くなると、ネック軸回り慣性モーメントが小さくなりつかまりにくいクラブとなります。

 

重心距離が長い方がいいのか短い方がいいのか

ドライバーを選ぶ際に、自分には重心距離が長いドライバーの方がいいのか、短い方がいいのか?
選ぶ基準としては、自分ヘッドをコントロールして球をコントロールしたい方には重心距離が短い方が良いでしょう。また、ヘッドが返らずにスライスしてしまう方の場合も、重心距離が短い方がヘッドが返りやすいのでスライスしにくくなるというメリットがあります。

 

操作性ではなく直進性を重視したい方はは重心距離が長い方が適しています。ヘッドが返り過ぎてフックが出てしまうという方にも、重心距離が長い方がフックを抑えられるというメリットがあります。

スポンサードリンク