重心高が低いドライバー

重心高が低いドライバー

近年発売されるドライバーは、重心高が低いことを特徴に挙げているモデルが多くなっています。

 

重心高が低いドライバーの特徴

重心高が低いと何がいいの?

重心高が低くなると、インパクトで重心か重心よりも高い位置でインパクトする確率が高くなります。重心より高い位置でインパクトすると、ギア効果でバックスピンが少なくなり、インパクトロフトも増加(ロフトが寝る)します。すると、高い打ち出し角からの低スピンボールで飛ばすことが出来ます。
ギア効果の詳細はこちら

 

どのように重心高を低くしているか?

最近のドライバーは、クラウン部分をカーボン化して軽量化しています。しかも、2018年モデルでは、更に強度を強くしてより軽量化に成功しているモデルを各メーカーが発売してきています。
ヘッドの上部が軽量化されることで、重心高が低くなります。また、余剰重量をソール部分に配置することでも重心高を低くしています。

 

重心高が低いドライバー

重心高が低いドライバーをご紹介します。
キャロウェイ ROGUE STAR ドライバー
・ヨネックス EZONE GT ドライバー

スポンサードリンク