飛ぶドライバー おすすめ2019〜2020年モデル

あなたに合った本当に飛ぶドライバーを見つけましょう

みなさん、こんにちわ。
東京都豊島区に住むタカシです。

(私のプーマのキャディバッグ)

年齢は41歳。子どもたちが大きくなってきて、ようやくゴルフが出来る時間が取れるようになってきたところです。

 

ゴルフ歴は30年。平均スコアは80前後と言ったところです。
最近は、年齢を重ね体の柔軟性が悪くなってきており、随分と飛距離が落ちてきているのが悩みです。
ドライバーやアイアン、ボールなど、飛距離を求めて色々と試している毎日です。

ここ数年でドライバーの進化が凄い

ダスティンジョンソンが400ヤード以上あるパー4でワンオン!
毎年、各ゴルフクラブメーカーから、次々とNEWモデルのドライバーが発売されます。
プロ選手たちは、「〇〇ヤード伸びた!」「打感が素晴らしい!」と絶賛します。
300ヤードを超えるショット、更には400ヤードを超えるショットまで打つ選手が出てきています。

 

M5M6G410EPIC FLASHなど続々と出てくる飛ぶドライバー。
このサイトでは、現在販売されているドライバーの基本的な性能をご紹介します。
少し長くなりますが、ゆっくりと最後までお読みいただければと思います。

〇注目の最新モデル 目次
発売前・発売直後の飛ぶドライバーをご紹介。
・ゼクシオ11 ゼクシオX ドライバー
ブリヂストン ツアーB JGR ドライバー
タイトリストTS1
ヘッドスピード30m/s台のからプロまで幅広いプレーヤーにとって飛ぶドライバー
PING G410LST
世界中で飛ぶ!曲がらない!と絶賛の声が続々

 

〇アベレージゴルファーが飛ぶドライバー
ヘッドスピード43m/sくらいのアベレージゴルファーが最も飛ぶヘッドは、つかまりやすく球が上がりやすく、適度にスピンが入るモデル。そんなドライバーをご紹介します。
PING G410PLUS
曲がらず飛ぶ!実戦でより頼りになるドライバー
テーラーメイド M6
・キャロウェイ EPIC STAR
SRIXON Z585
ツアーモデルでありながら、球がつかまりやすく、上がりやすいため、ビッグキャリーが打てる。

 

〇ヘッドスピードが速いゴルファーが飛ぶドライバー
ヘッドスピードが速いゴルファーは、プロが使用するようなハードなドライバーを使わなければ、飛距離をロスします。ヘッドスピード46m/s以上でもスピン量が2500回転未満に抑えられるドライバーをご紹介します。
テーラーメイド M5
タイガーウッズやダスティンジョンソン、マキロイ、松山らが使う
キャロウェイ EPIC SubZero
低スピンで飛ばす
SRIXON Z785
出水田大二郎選手や稲森佑貴選手、星野陸也選手、香妻琴乃選手、勝みなみ選手らがZ785でツアー優勝!

 

〇ヘッドスピードが遅いゴルファーが飛ぶドライバー
ヘッドスピードが40m/s未満のプレーヤーの場合、フェースの反発力が強く、打ち出し角度が高く、適正なスピンが入るモデルを使うことで、230ヤードオーバーの飛距離も可能です。
ゼクシオ10
一般的日本人が最も効率よく飛ばすことが出来る国民的ドライバー
ゼクシオプライム
シニアから圧倒的な人気を誇る超軽量ドライバー
テーラーメイドMグローレ
長年日本人に愛されてきたグローレにMの技術が加わり超進化!

 

〇ルール非適合の超飛ぶドライバー
HAYABUSAドライバー
発売から数年経過するも現在も飛距離性能No.1

 

スポンサーリンク

 

飛ぶドライバーの紹介

HAYABUSAドライバー



発売から3年以上経過していますが、未だに飛距離性能・ストレート性能ともにNo.1。

HAYABUSAの特徴
・ルール適合外の高反発ヘッドで驚く初速
・大きな慣性モーメントでミスヒットに強い
・秀逸なシャフトで球が暴れない

 

HAYABUSAドライバー 口コミ
悪い口コミ


・70代男性
飛距離が10ヤードしか伸びなかった。
・60代男性
飛距離は伸びたけど、ホームコースの競技ではつかえないとのこと。
プライベートで楽しみます。

良い口コミ


・70代男性
飛距離が落ちてパーオンを狙うことが出来なくなりゴルフが楽しくなくなっていました。
飛距離が20ヤード伸びたことでまたパーオンしてバーディーパットを打つことができるようになりました。
・60代男性
飛距離が30ヤードも伸びた。60代になってはじめてパーオンできました。
・70代男性
つかまりが良くミスヒットでも飛ぶ
・60代男性
飛距離が50ヤード伸びた

HAYABUSAおすすめ
HAYABUSAドライバーをお勧めしない方

・公式競技で使える飛ぶドライバーを探している方

HAYABUSAドライバーをお勧めする方

・プライベートでしかラウンドはしないので、とにかく飛ぶドライバーが欲しい方。
・パー4でパーオンが出来なくなってしまった方。
・飛ぶだけでなく、飛んで曲がらないドライバーを欲しい方

 

HAYABUSAドライバーのより詳細な情報は公式サイトでご覧いただけます。


飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】公式サイト

 

HAYABUSAの詳細はこちらでご紹介(実際に試打したレビューも掲載中!)

 

ゼクシオ11 ゼクシオX

国民的ドライバーのゼクシオ最新モデルが12月7日に発売されます。
今回発売されるのは、ゼクシオ11ドライバーとゼクシオX(エックス)ドライバーです。

ゼクシオ11ドライバー

ゼクシオ11ドライバーは、これまでのゼクシオの流れをくむモデルで、60代以上のヘッドスピードが40m/s前後のゴルファーがやさしく飛ばすことが出来るドライバーです。

ゼクシオXドライバー

ゼクシオXドライバーは、これまでのゼクシオシリーズとは一線を画すモデルとなっています。まだゼクシオを使うには早いけど、やっぱりゼクシオのようなやさしく飛ばすことが出来るドライバーが欲しいという40代50代のヘッドスピードが42m/s以上のゴルファーを対象としているモデルになります。

 

タイトリストTS1



7月5日発売
タイトリストがTSシリーズとして、ヘッドスピード30m/s 台からヘッドスピード50m/sまで、非常に幅広いプレーヤーが飛ばすことが出来る軽量級ドライバーを出してきました。
早くも試打をしたプロやゴルフ評論家、一般アマから飛ぶ!と絶賛の声が挙がっています。
中上級者から格好いいモデルを使ってみたいアベレージゴルファー、シニアゴルファーまで幅広い方におすすめ!

TS1の特徴
・シャフト選択次第で幅広いプレーヤーが飛ばせる
・軽くて振りやすい
・球が上がりやすく、適正スピンでドロップしない
・ミスヒットに強い
・ボール初速が速い

タイトリストTS1ドライバー 口コミ
悪い口コミ


・30代男性
自分には軽すぎたかな。球が高く上がり過ぎて飛距離が思ったほど伸びない。
・50代男性
歳を重ねてきて軽いドライバーも試してみたくなりましたが、TS2の方が私には合っていたかな。

良い口コミ


・70代男性
さすがタイトリストという感じは打感の良さとボールの弾道の美しさに表れています。これに打音を加えて評価10点満点。
・50代男性
非常にアドレスでターゲットに向いて構えやすく、振り抜きやすい。狙った方向に飛んでいきます。初速の速さもGOOD。よく飛びます。
・40代男性
テーラーメイドM5からチェンジ。楽に飛びます。
・40代男性
はっきり言って凄い。こんなに飛ぶのかと思うくらい。本当に自分が打ったのかと思うくらいに凄い。 HSも3から4は速く計測。 とにかく凄い。 凄すぎて他の人は使用して欲しくないぐらいです。
その他の口コミも読む(ゴルフダイジェストオンライン)

その他タイトリストTS1の詳細はこちらでご紹介

 

PING G410 LST



7月4日発売
鈴木愛選手がG410PLUSでもツアー優勝しましたが、G410LSTに変えて即2週連続優勝。
圧倒的にミスヒットに強く、直進性が強い飛ぶドライバーです。

G410LSTの特徴
・スピン量が少なく飛ぶ
・叩いても左へ行くミスが出にくい
・ミスヒットに極めて強い
・ある程度のヘッドスピードは必要

G410LSTの詳細はこちらでご紹介

 

PING G410 PLUS



世界中で人気の飛ぶ&曲がらないドライバーがより進化しました。
ヘッド後方に可動式ウエイトが付きました。
更にヘッドとシャフトのつなぎ目のスリーブが進化。ライ角とインパクトロフトの調整が8パターンになりました。
より細かな調整が可能になり、自分のスイングにピッタリのドライバーに仕上げることができます。

G410PLUSの特徴
・重心距離が非常に長く遠心力で飛ぶ
・慣性モーメントが最も大きく、ミスヒットへの許容度が最高
・曲がらないからコースでの平均飛距離が伸びる・飛ぶ!

G410PLUSの詳細はこちらでご紹介

 

SRIXON Z585



プロも使用するツアーモデル「Zシリーズ」のやさしい方。
打ち出し角が高く、つかまりもいい。
やさしいヘッドを好むプロやアマから絶大な信頼を寄せています。

Z585の特徴
・つかまりが良く球が上がりやすいから安心して使える
・ビッグキャリーで飛ぶ

 

Z585の詳細はこちらでご紹介

 

SRIXON Z785



ツアーモデル「Zシリーズ」の操作性が良い方。
すでに多くの選手がツアーで使用し優勝するなど、ポテンシャルの高さを証明しています。

Z785の特徴
・ターゲットに対して構えやすい
・重心距離が標準的でフェースのコントロールがしやすい

 

Z785の詳細はこちらでご紹介

 

テーラーメイドM5



タイガーウッズやダスティンジョンソン、ローリーマキロイ、松山英樹ら世界のスーパースターが使用するドライバー。
ルール上限いっぱいの反発力を有するヘッドを我々アマチュアも全員が使用することが出来るスピードインジェクション機能搭載。

M5の特徴
・ルール上限いっぱいの反発力を有するヘッド
・中弾道の力強い弾道
・つかまるがつかまり過ぎない
・ある程度のヘッドスピードが必要

M5の詳細はこちらでご紹介

 

テーラーメイドM6



目標へストレートに飛ぶ!
ルール上限いっぱいの反発力を有するヘッドを我々アマチュアも全員が使用することが出来るスピードインジェクション機能搭載。

M6の特徴
・直進性が非常に高い
・ミスヒットへの許容度が高い
・シャフト次第でアベレージクラスのゴルファーも使える

M6の詳細はこちらでご紹介

 

キャロウェイEPIC SubZero



世界中で多くのプロが使用するモデル

EPIC SubZeroの特徴
・非常に低スピン
・ある程度のヘッドスピードが必要

EPICSubZeroの詳細はこちらでご紹介

 

ゼクシオプライム



非力なプレーヤーが面白いように飛ぶ。シニアの使用率が極めて高いゼクシオプライムの最新モデル。

ゼクシオプライムの特徴
・シニアプレーヤーに圧倒的な人気
・高弾道でボールがピンポン玉のように飛ぶ
・非常によく球がつかまる

 

ゼクシオプライムの詳細はこちらでご紹介

 

テーラーメイドMグローレ



女子プロやアマチュアが絶大な信頼を寄せるグローレシリーズが更に進化しました。
一般的なアマチュア日本人ゴルファーや女子プロたちが最も飛ばすことが出来る秀逸な重心設計はそのままに、M5M6で好評のTWIST FACEやハンマーヘッドを搭載。よりやさしく遠くへ飛ばすことが出来るドライバーとなりました。

Mグローレの特徴
・秀逸な重心設計でビッグキャリーで飛ばす
・TWIST FACE でミスヒットを軽減
・つかまりが良くオートマチックにドローが打てる

Mグローレの詳細はこちら

 

ゼクシオ10



今や国民的ドライバーとなったゼクシオ。やさしくつかまって、やさしく上がって、やさしく飛距離が出る。日本人の体力に合わせた最も一般的に日本人に合うドライバーと言っても過言ではないでしょう。

ゼクシオ10の特徴
・一般的体力の日本人が最も効率よく飛ばすことが出来る
・スイートエリアに当たりやすい
・球が上がりやすい
・球がつかまりやすい

ゼクシオ10の詳細はこちら

 

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー


 

新しいドライバーに何を求めるのか?

プレーヤーそれぞれにスイングが違えば、ヘッドスピードも違いますし、ボールの軌道も違います。何を基準にドライバーを選べば良いのか本当に迷ってしまいます。そこであなたが新しいドライバーに何を求めるのかを基準に考えてみたいと思います。

 

スピン量を減らして飛距離を伸ばしたい

ヘッドスピードが速い方やスイング軌道によってスピン量が多くなってしまって飛距離をロスしている方の場合、スピン量を減らすだけで大きく飛距離を伸ばすことが可能です。
では、スピン量が少なくなるドライバーとはどういったものなのでしょうか。
ヘッドスピードが速くスピンが多くなってしまう方には、重心が浅いドライバーがオススメです。重心が浅いドライバーというのは、ヘッドスピードが速い方で球が吹け上がり気味の方におすすめのドライバーとなります。

 

重心が浅いドライバーの詳細はこちら

 

やさしく球が上がってくれてスピン量も少ないドライバーが必要であれば、重心が低いドライバーをお勧めします。重心が低いヘッドはギア効果で打ち出し角が高くスピン量が少なくなる特徴があります。打ち出し角が高くスピン量が少ないドライバーというのは、ヘッドスピードがそれほど速くなくても大きなキャリーでやさしく飛ばすことが出来ます。

 

重心が低いドライバーの詳細はこちら

 

スライスやフックを軽減して飛距離を伸ばしたい

スライスやフックで飛距離を落としてしまったり、OBを連発してしまうと、その日一日のゴルフが本当に楽しくありませんよね。ドライバーを替えるだけで、実はスライスやフックが大きく改善できる場合もあります。
インパクトでヘッドが開いたまま返ってこないタイプのスライサーには、重心距離が短くヘッドが返りやすいドライバーをお勧めします。逆にヘッドが返り過ぎてしまう方には、重心距離が長いドライバーをお勧めします。最近では、クラウンの軽量化などで得られた余剰重量を重心距離が短くなるような位置・長くなるような位置に再分配することが出来るようになっています。

 

重心距離について詳細はこちら

 

また、インパクトでスイートエリアを外しやすく、スライスやフックなど両方が出てしまう方の場合には、慣性モーメントが高いドライバーをお勧めします。慣性モーメントが高いとインパクトでヘッドがぶれにくく、多少打点がブレても当たり負けせずにストレートボールを打ちやすくなります。

 

慣性モーメントの詳細はこちら

 

さらに、2018年早々に世界のプロツアーで驚異的な勝率をたたき出しているテーラーメイドM3、M4ドライバーには、TWIST FACEと呼ばれるまるでポテトチップスのような波を打ったような形状のフェースを採用し、スライスやフックを小さくできるようになっています。

 

テーラーメイドのTWIST FACE の詳細はこちら

 

球が低めなので高弾道で飛距離アップさせたい

球が低めの方の場合には、打ち出し角度が高いドライバーを選択したいですね。また、打ち出し角が高くてもスピン量も多いと飛距離をロスしますので、スピン量が少ない方がいいでしょう。そのためには、深い重心で球を上げやすく、低い重心でスピン量が少ないヘッドを選びたいですね。

 

重心が深いドライバーの詳細はこちら

 

中弾道で力強い球を打ちたい

やや低めの中弾道で力強い球を打ちたい方には、浅い重心のヘッドをお勧めします。
重心が浅いドライバーの詳細はこちら

 

注目の飛ぶドライバー

タイトリストTS

2018年9月28日発売の最新モデル。917までのこれまでのシリーズとは、全く別物のドライバーが完成しました。
これまでタイトリストは格好いいけど飛ぶわけではない、難しい、プロや上級者向け、というイメージが多くありました。
しかし、今回のTSシリーズは、かなり幅広いゴルファーが楽しめるドライバーとなって、めちゃくちゃ飛びます。すでにプロやゴルフ関係者から絶賛されており、契約外でも自腹でお金払って使いたいという声が続々と上がっています。
タイトリストTSの詳細はこちら

 

テーラーメイドM4

TWIST FACEで曲がりません。各所から試打評価が出てきていますが、皆さん口を揃えて「曲がらない」とおっしゃいます。私も打ちましたが、本当に曲がらないです。一発の飛距離性能では、キャロウェイROGUEの方が上回りますが、ドライバーが曲がってしまってスコアを崩してしまう方には是非お使いいただきたいドライバーです。
テーラーメイドM4の詳細はこちら

 

テーラーメイドM3

M4と同じくTWIST FACE搭載。
・ジェイソンデイ
・タイガーウッズ
・ローリーマキロイ
・ダスティンジョンソン
といった世界のトッププレーヤーが使用して、圧倒的な勝利数を誇ります。また、松山英樹選手の実戦で使用するなど注目を集めています。
テーラーメイドM3の詳細はこちら

 

キャロウェイROGUE STAR

2017年EPIC STARが爆発的なヒットとなりましたが、早くもその上を行くROGUE STARが発売開始されました。これはとにかく飛びます。そして球がつかまります。スライサーの方でも球がつかまって飛距離を出すことが出来るドライバーです。
ROGUE STAR の詳細はこちら

 

 
 

スポンサードリンク